文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

薬と健康 なるほどヒストリー【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

薬剤師のバイブル 「日本薬局方」 ~誕生のはなし~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 薬局方は、薬剤師にとってバイブルのようなもの、医薬品情報や品質基準が記された公定書として、世界主要各国(あるいは数か国共同)で発行されています。わが国の「日本薬局方」は、医薬品の性状及び品質の適正を図るために、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を取りまとめて定めた規格基準書とされています。構成は、通則、生薬総則、製剤総則、一般試験法及び医薬品各条からなり、使用頻度の高い医薬品を収載しています。

 
初版 「日本薬局方」 明治19年6月25日公布

 最新版は、2006年4月1日に施行された第十五改正ですが、1886年(明治19年)6月に初版が公布されて以来、医薬品の開発、試験技術の向上に応じて、新版改訂が繰り返されてきました。

 そもそも、薬局方という名称、西洋の言葉では、Pharmacopoea(ラテン語)、Apotheek(オランダ語)、Pharmacopoeia(英語)、Pharmacopeia(米語)といいますが、語源はギリシャ語の「薬」と「作り方」に由来するといわれています。

 日本語の「局方」という独特の名称は、なぜ、「公定薬典」ではなく「局方」なのか。また、法律を意味する「法」とせずに「方」の漢字を用いたのかを、不思議に思う方もいることでしょう。江戸中期の蘭方医、中川淳庵(1739-1786)が オランダの薬局方「アポテーキ」を「和蘭局方」と訳したのが、その言葉の始まりだとされています。

 さらに起源を遡ると、中国の宋代、元豊年間(1078-1085)に刊行された協定処方集の「(太平惠民)和剤局方」に倣ったという説もあります。「和剤局方」は、平安末期に中国から日本へ伝わった処方集で、江戸時代においても使われていました。漢方製剤の適応症、薬剤名、処方量、調製法、用法用量などが詳述されています。

 明治時代に入ると、海外から、不良品や粗悪品を含む医薬品が大量に輸入され、品質を統一するために基準となるものが必要とされました。そこで、日本最初の「日本薬局方」を、お雇い外国人の化学者、ゲールツらの指導によってドイツ薬局方、オランダ薬局方を参考にまとめたそうです。

 「日本薬局方」の発布は、近代的スタイルのものとしては、東洋では最初、世界では第21番目の国定薬局方でした。くすり博物館では、初版「日本薬局方」を保存しています。明治19年6月25日の官報第894号別冊内務省令第10号に掲載されたのが、印刷物としての最初ですが、[欧米各国局方対照][音釈付][註釈]などを併記したものや、ラテン語で翻訳された「日本薬局方」も発行されました。こうして、国際的な基準にも適合した近代的な薬局方が誕生しました。薬剤師のバイブルとされている調剤や処方などのルールブックである「日本薬局方」は、明治憲法の発布より3年も早かったそうです。(内藤記念くすり博物館 野尻佳与子)

 ■「日本薬局方」(初版:官報第894号別冊内務省令第10号)
 ■「日本薬局方」(初版:ラテン語版)

※内藤記念くすり博物館蔵書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

薬と健康 なるほどヒストリー【有料会員限定】の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

英国と米国で薬局方の綴りが違うのは?

せいちゃん

薬局方を表す言葉は、英国ではPharmacopoeia、米国ではPharmacopeiaと、同じ英語圏なのに綴りが違うのはなぜでしょうか?

薬局方を表す言葉は、英国ではPharmacopoeia、米国ではPharmacopeiaと、同じ英語圏なのに綴りが違うのはなぜでしょうか?

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事