文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

震災の現場から(2)絶望、自責…心の傷深く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  宮城県東松島市の避難所で被災者に心のケアをする精神科医の桑原斉さん(右)  津波の被害が激しかった宮城県東松島市の保健師、門脇裕美子さん(33)は、避難所巡回の帰り道、国道の真ん中でひとり立ちすくみ、号泣する中年男性に出会った。巨大地震の直撃から1週間後のことだ。  「日にちもたったから、もう生きてないでしょう。せめて遺体だけでも……」  男性は、おいと車に乗ってい…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事