文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

薬と健康 なるほどヒストリー【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

西洋伝来の蒸留器、治療に取り入れ ~ ランビキ ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 1543年に、ポルトガル人が種子島に漂着したことによって、日本人は南蛮文化と出会い、今までに食べたことがないような美味しい食べ物や、目にしたことがないような便利な道具を知ることとなったそうです。今ではすっかり日本語として定着している、ビスケット、キャラメル、パン、タバコ、ボタン、オルガン、カルタ、ジョウロ、コップ、フラスコですが、これらはすべて、当時のポルトガルから伝来した品々で、ポルトガル語が語源となっています。

 
ランビキ(蘭引)
左:金属製 ヨーロッパで製造されたもの。
右:陶器製 江戸時代の日本で仕組みを模して製造。

使い方は、三段式の下部の容器に蒸留する液体を入れた後、火にかけて液体を蒸発させます。一度蒸発した液体が中段部で冷やされることで水滴となって、支枝から外へと運ばれます。上段部の容器は冷却するための冷水を入れることができるようになっていて、冷却水が温まったらときどき交換します。

 同じように、ポルトガルから伝わった科学的な器具のひとつに「ランビキ(蘭引)」という蒸留器があります。ポルトガル語で蒸留器を意味する「アランビック(alambique)」が、日本語でも原音と近い「ランビキ」という名称になりました。この道具は、西洋医学(蘭方医学)を学び、実際の治療に取り入れようとした人々の間で広まったそうです。

 それまでは、中国をルーツとする東洋医学一辺倒だった日本の医学でしたが、南蛮人(ポルトガル人、スペイン人)や紅毛人(オランダ人)を通じて、西洋の科学や医学に対する知識欲がわき起こりました。そして、西洋医学を学んだ医者たちは、伝染病の予防、傷口の消毒、外科手術を施術するための殺菌や衛生などの重要性を理解して、清潔な蒸留水や消毒用アルコールの精製のためにランビキを求めました。ランビキは、医療用の消毒剤だけでなく、飲料用の焼酎、花の抽出液を取り出した化粧水、芳香油の精製のためにも使用するなど、さまざまな需要があったようです。

 しかし、海を渡ってやってきたヨーロッパ製のランビキ(写真左)は、高価で品数に限りがありました。そこで、日本国内では同じ仕組みのランビキ(写真右)を、創意工夫して陶磁器として作りました。日本人が製造した江戸時代のランビキが、医療や薬業、酒造に携わっていた旧家の蔵などから数多く見つかっています。

 現在では、自動車をはじめとして、様々な優れたメイドインジャパン製品が世界中から評価を受けています。日本人は勤勉でまじめ、手先が器用と言われています。既存製品を改良して品質を高めるなど、故障が少なく、構造の細部にまで配慮を施した工業製品を開発し続けています。

 西洋科学を象徴するような先駆的な伝来品だったランビキ。日本の重工業が発達する以前、16世紀においても、こうした製品を工夫して製作した技術が既に日本にあったことに驚かされます。(内藤記念くすり博物館 野尻佳与子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

薬と健康 なるほどヒストリー【有料会員限定】の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事