文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

がん共生時代 ・ 働く(番外編)「必要とされる」が支え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
   2月15~22日に連載した「がん共生時代 働く」(全6回)では、がんの治療や後遺症に悩みつつ、職場復帰や再就職を果たした人を取り上げた。「番外編」として、再発し緩和ケアを受けながら、働き続けている女性を紹介したい。  都内の金属加工会社で働く事務職の女性(51)は2009年秋、直腸がんが肺に転移したことがわかった。  02年8月に発症し、その後何度か直腸やリンパ節に再発が見つかった。社員約3…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事