文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

再生医療(5)突発性難聴の聴力回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
大音響を聞かせた後のラットの聴覚細胞(顕微鏡画像)。事前に薬剤を加えたラット(上)に比べ、加えなかったラット(下)では、ダメージを受けた聴覚細胞(矢印)が欠落している(中川隆之さん提供)  京都府の女性Cさん(24)は2008年3月、通勤電車の中で異変に気づいた。右耳が詰まった感じがして、音が聞こえないのだ。  仕事を終えて夜、近所の耳鼻科を受診。聴力検査を受けると右耳はほぼ聞こえておらず、医師に…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事