文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

首の動脈の狭さく 頸動脈エコーと血管造影検査で結果が異なる

 首を通る頸動脈の超音波検査(頸動脈エコー)を受けたところ、「頸動脈分岐部に厚さ2・5㎜のプラークがあり、一部に潰瘍形成が疑われる。46%狭さくもしている」と言われました。しかし、その後、血管造影検査を受けると「異常なし」と言われ、混乱しています。総コレステロールは254、LDLコレステロール164、HDLコレステロール69、中性脂肪83(単位はいずれも㎎/dl)です。再検査や治療を受ける必要はありますか。(67歳男性)

今後も定期的に頸動脈エコー検査を

北光記念クリニック所長
佐久間一郎(循環器内科医)(札幌市)

 首の超音波検査(頸動脈エコー)では、頸動脈壁の厚み(肥厚)やプラーク形成(血管の壁内にコレステロールの塊がたまること)を見つけることができます。

 頸動脈分岐部とは、「総頸動脈」と呼ばれる血管が首の上部辺りで「内頸動脈」と「外頸動脈」に分かれる部分です。いちばんプラークができやすいところで、そこが破れるか、プラークの一部に穴が開く「潰瘍」ができると、血栓(血の塊)ができ、剥離して脳内に流れると脳梗塞になります。

 また、プラークが大きくなり、頸動脈が詰まってしまうことがあります。血管の狭さく率が60%以上あり、潰瘍ができるなどすると危険な状態で、脳外科で血管にこびりついたプラークを削り取る手術を行います。

 狭さく率は、頸動脈エコーで分かります。血管壁は3層構造になっていて、頸動脈エコーでは、それぞれの様子まで調べることができます。

 一方、血管造影検査は、頸動脈エコーでは調べられない頭骨内の血管の狭さく状態も把握できますが、血液が流れている内腔部分だけを調べています。このため、狭さく部前後の血管壁も肥厚していれば、狭さく率は実際より低く出てしまうのです。

 「プラーク厚2・5㎜、潰瘍形成、46%狭窄」というのは、血栓ができる危険が非常に高い状態です。内科では、頸動脈エコーで、血管壁の厚さやプラークが1・1㎜以上あると「動脈硬化あり」と診断され、治療の対象となります。また、頸動脈と心臓の冠動脈は性質が似ていて、冠動脈にも動脈硬化がある恐れが高いと推測され、狭心症や心筋梗塞を起こす危険も高いとも判断されます。

 しかし、質問者の場合、脳外科では、まだ手術の対象とはなりません。また、血管造影検査でも狭さくが進んでいるようには見えず、「異常なし」という結果が出てしまうこともあります。

 頸動脈が肥厚する原因は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、家族歴、年齢、男性であることなどが挙げられます。

 最近、LDLコレステロールをHDLコレステロールで割った値が2・5以上でなければ、頸動脈の肥厚は起こらないことが多いというデータが示されるようになりました。質問者の場合は2・4ほどですが、糖尿病や高血圧、喫煙歴などがある人は、2・0以上でも肥厚が起こるとされています。

 つまり、頸動脈の狭さくは、日頃の生活習慣の乱れが積み重なって起こるのです。頸動脈エコー検査を行っている循環器内科を受診して、定期的に検査を受け、治療の方針などについてよく相談してみてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。