文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

支える

yomiDr.記事アーカイブ

外見の悩み 情報共有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

組織と活動

 顔のあざや脱毛症といった外見上の特徴に悩む人たちを支えるネットワーク作りを目指し、2006年に非営利組織(NPO)として発足した。

 発行する季刊誌では、全身の色素を作りにくい先天性白皮症(アルビノ)、やけどの跡が残る人など当事者のインタビューや、医療に関する情報などを盛り込む。様々な当事者団体が企画する催し案内などを、会員約330人にメールマガジンで配信している。

 代表の外川浩子さん(43)は「見た目に問題を抱えている人は、いじめや偏見などに悩んでも、行政などの相談できる窓口が見つけられず、孤立しがちだ。この問題に特化した情報センター作りに取り組みたい」と語る。

問い合わせ

 電話03・6658・5580か、ホームページ(http://mfms.jp/)で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

支えるの一覧を見る

最新記事