文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

脚本家 北川悦吏子(きたがわえりこ)さん 49

一病息災

[脚本家 北川悦吏子さん]難病(4)ささいなことを大切に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大手術からわずか数か月後の2010年初め、せきを切ったように仕事を再開した。連続ドラマ、単発ドラマ、映画――。「やっぱりすごく書きたい、元の私に戻りたいという気持ちが強かったんですね」

 とはいえ、体調は油断ならない。

 「疲れやすくて、体力は人の5分の1くらい。だから、一つ一つのささいなことをすごく大切にしたい。仕事も一歩ずつ、ていねいに大事にやっていきたい」

 そんな思いが作品に表れるのか、友人の漫画家けらえいこさんには「どんなことも宝石みたいにきれいに書くね」と評された。

 闘病体験を語るうち、新しい企画が浮かんだ。「医者側からでも看護師側からでもなく、入院患者側から見た病院もの」。今、病院が舞台のドラマは多いが、患者はいつも脇役だ。「病院は私のふるさとみたいなもの」と感じる自分だからこそ、見えるものがある。

 病気の人は大勢いる。健康でも、仕事や生活がうまくいかない人がいる。

 「頑張ろうと思っても、乗り越えられないことは多い。荷物を背負ったまま歩くしかないなら、それでも元気にやっていく方法をみつけてほしい」

 そんなメッセージを送る作品を、これからも届けるつもりだ。(文・高梨ゆき子、写真・和田康司)

 ブログ http://ameblo.jp/eriko-kitagawa

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

脚本家 北川悦吏子(きたがわえりこ)さん 49

最新記事