文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

がん共生時代 ・ 働く(6)「救済」 ではなく 「人材活用」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  2000年、東大大学院医学系研究科修了。内科医。がん診断後の性や就労などを考える「がんサバイバーシップ」研究の第一人者 独協医大准教授 高橋 都(たかはし・みやこ)さん Q&A  厚生労働省の「がんと就労」研究班主任研究者で独協医大准教授、高橋都さんに話を聞きました。  ――がん経験者の就労問題が今なぜ、注目されているのでしょう?  ここ数年、患者が声を上げたこともあり、社会問題として認識され…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事