文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

上手な耳かき

連載・健康プラス

(3)鼓膜を傷つけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 耳かきの最中に誤って鼓膜を突き破るなどしたケースは「耳かき外傷」と呼ばれる。

 耳かきで最も注意すべきことだが、日本医大病院耳鼻咽喉科准教授の池園哲郎さんは「耳かき外傷で受診する人が毎年十数人ぐらいはいる」と話す。近くにいた子供やペットがぶつかって起きた例が多いという。

 破れたのが鼓膜だけなら、ふさがれば聴力は回復する。しかし、鼓膜の奥の小さな骨が折れたりすると回復は難しく、手術することもある。難聴だけでなく、めまいが起こることもある。池園さんは「当たり前のことだが、耳かきは、子供らがいない所で行ってほしい」と話す。

 なお、大人の場合、耳の入り口から鼓膜まで3・5センチほどで、耳あかが出るのは入り口から1・5センチぐらいの所まで。だから、「耳かきは、先を長く持たない方がよい」と埼玉医大耳鼻咽喉科名誉教授の飯沼寿孝(としたか)さんは話す。図のように、ペンを持つときのような形で、指から先に出る部分を3~3・5センチ程度にし、力を入れず、柔らかく持つのが良いそうだ。

 子供にする場合は、鼓膜までの距離が大人より短いので特に注意を。飯沼さんは「耳あかをすっかり取ろうとする必要はない。手前の方を軽くやればよい。どうしても奥が気になるときは耳鼻科へ」と話す。なお、耳かきすると、耳付近からのどに通じる神経が刺激され、せきが出やすくなる。子供がせきをしそうになっていないかも注意したい。(高橋圭史)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラスの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

上手な耳かき

最新記事