文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

高齢者の性・ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

川島なお美さんに学ぶ 「褒め言葉」 のプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 褒めて育てるとはよく言いますが、親子でなくとも、カップルも褒められれば嬉しいし、褒め合う関係なら二人の間の愛情も育ちそうな気がしますよね。

 以前も紹介した女優 川島なお美さんの公式ブログを私は愛読しているのですが、バレンタインデーの記事が、また良かったんです。バッグやマフラーという物のプレゼントに添えて、「妻から夫に贈る50の誉め言葉」を書いて、ご主人にプレゼントされたのですね。

 詳しくはこちらを↓
 http://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-10801653874.html

 「サプライズ上手」 とか「美味しい美味しいと食べてくれる」 とか「ありがとうといつも言ってくれる」 とか。ご夫婦の関係が透けて見えて面白いですね。「職人気質」 「周りの友達やスタッフがいい」 「クオリティ重視の仕事をする」 という言葉からは、夫の仕事ぶりを誇りに思う妻の思いが伝わります。ちなみにご主人は著名な菓子職人の鎧塚俊彦さんです。こんな言葉をもらったら、余計奥さんのことが愛おしくなっちゃうでしょうね。

 というわけで、自分でもやってみました。30ぐらいまではさらさら出てきましたが、だんだん同じような意味の言葉が並んできて・・・。「家事をよくやってくれる」 「私の仕事に理解がある」 あたりはまだいいとして、「腕の血管がなかなか」 「ひげがナイス」 あたりは、私の趣味がかなり反映されているのでしょうね。

 書きながら、自分はこういうことに価値を置いているんだということがわかり、自分を見つめ直すことにもつながりました。

 「互いの両親を大事にしてくれる」 「笑いのツボが合う」 などですかね。

 皆様も自分の好きな方に対して、ぜひ書き出してみてはいかがでしょう? そして思い切って贈ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koureisyanosei_87.jpg

岩永直子

読売新聞 医療部記者

39歳、夫と二人暮らし

趣味は居酒屋巡りとダイエット

高齢者の性・ブログの一覧を見る

6件 のコメント

根底にー大きい慈愛の心

めざめたじいさん

日本人は身内を褒めることをしませんでした。また、贈り物するときも「粗品、美味しくないかも知れませんが‥」と謙ったものです。謙譲の美徳というのでし...

日本人は身内を褒めることをしませんでした。また、贈り物するときも「粗品、美味しくないかも知れませんが‥」と謙ったものです。謙譲の美徳というのでしょうか。

私には苦い経験があります。国民学校3年生のとき教師だった父に褒めてもらえない悔しさをぶつけたことがあります。3・4年生にスキップを指導していた父、私は得意でしたが褒めてもらえませんでした。私より上手とは言えない子どもを褒めていながら。

「自分の子どもを褒める親がどこにいる !」と一喝されました。でも、私は満足でした。お父さんは僕が上手に出来ていたことを知っていたのだと。親は心の中で子どもを認め、褒めていたのです。

いまどき、褒め言葉は身内でもそうでなくても使うに越したことはありません。しかし、心のこもらない褒め言葉ほど人を傷つけるものはないとも言えます。

私は家内の仕事ぶりを見て何回も立派だと感じました。同業者だったので、部下に仕事ぶりを見学させたこともあります。家内の仕事に対する姿勢は根底に「大きい慈愛の心」愛情と優しさがありました。慈母観音さまを拝んでいるようでした。

言葉を越えたこころをもっと大事にしたいと思います。



つづきを読む

違反報告

言わせてみるのも面白く

岩永直子(記者)

ハマのおじいさん様  とりあえず、奥様に対して50個書きだしてみて、その後、「50個言ってくれよ」とお願いしてみるのも面白いかもしれませんよ。私...

ハマのおじいさん様

 とりあえず、奥様に対して50個書きだしてみて、その後、「50個言ってくれよ」とお願いしてみるのも面白いかもしれませんよ。私も強制的に言わせて見ました・・・。


熟女大好きオヤジさま

 さすが!いい関係で素敵ですね。プレゼントされました?


埼玉のシニアさま

 せつないですね。でも、繰り返しどうぞ語りかけてあげてください。きっと奥様に伝わると思いますよ。


ちゅーさま

 なるほど。最初は思い浮かばなくても、いいところを一つ思い出すたびに、愛情も復活するかもしれませんね。素敵なアドバイス、ありがとうございます。

つづきを読む

違反報告

お試しあれ

ちゅー

パートナーの褒め言葉が思い浮かぶのは、ご夫婦が円満な証拠かもしれませんね。 夫婦仲が上手くいっていないと、相手の欠点ばかりが見え、長所が見えなく...

パートナーの褒め言葉が思い浮かぶのは、ご夫婦が円満な証拠かもしれませんね。


夫婦仲が上手くいっていないと、相手の欠点ばかりが見え、長所が見えなくなり、褒め言葉も思い浮かばないでしょう。


もし、あまり思い浮かばなかったら、毎日、無理にでもパートナーの長所を思い出し、それを書く作業をしてみることをお勧めします。

最初は、なかなか書けないかも知れませんが、付き合い始めた頃のことを思い出してみるなどして続けると、そのうち書けるようになります。


そして、最後には、それまで忘れかけていたパートナーへの愛が復活するかもしれません。

お試しあれ。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事