文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

上手な耳かき

連載・健康プラス【有料会員限定】

(1)月1回程度に抑える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 そもそも耳あかとは何なのか?

 埼玉医大耳鼻咽喉科名誉教授の飯沼寿孝(としたか)さんによると、〈1〉古くなってはがれた皮膚〈2〉毛穴から出る皮脂などの分泌物〈3〉耳穴に生えている短い毛の抜け毛――などが入り交じったものだという。

 耳穴の入り口から鼓膜まで(外耳道)は、大人で約3・5センチあるが、耳あかが発生するのは、その中でも、入り口から1・5センチ程度のところまで。その奥の皮膚は厚さ0・1ミリほどと非常に薄いうえ、毛穴もなく、耳あかは出ない。

 飯沼さんは「日本人は清潔好きで耳かきを習慣にする人も多いが、やりすぎると、かえってかゆみが出てきて、ますます耳かきしてしまう悪循環に陥りかねない」と忠告する。

 頻繁に耳かきすると、皮膚に炎症が起きてかゆみが出たり、刺激で分泌物が多くなり耳あかが増えたりすることがある。炎症が高じて湿疹ができたり、ひっかいて出血しカサブタができたりして、さらにかゆくなることもある。

 耳あかが詰まって難聴になる人もいるが、そこまでたまる人はまれだという。通常、耳あかは短期間に大量に出ることはなく、自然に耳の外に出ていくことも多い。「医学的な意味では、耳かきは年2回程度でも十分。むしろ、やり過ぎて耳を傷つけることの方が多いので、好きな人でも、せいぜい月1回程度に抑えた方がよい」と飯沼さんは話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラス【有料会員限定】の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

上手な耳かき

最新記事