文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

がん共生時代 ・ 働く(2)時短制度 復職を後押し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 全国に社員2300人を抱えるカード会社「クレディセゾン」(本社・東京)。がんなどの病気やけがで休む社員の復職支援に力を入れ、注目を集めている。  2009年春、同社の40歳代女性は乳がんを発症した。営業社員として役員も一目置く活躍ぶりだったが、抗がん剤治療が一段落するまで約1年間休職した。  復職前、産業医と面談し、手術の傷痕、腕が痛む後遺症などに対し、職場がどう配慮すれば働きやすいかを話し合っ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事