文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

がん共生時代 ・ 働く(1)治療と両立 支援の輪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  「じょぶ」に参加し、がん経験者らと語り合う桜井なおみさん(左から2番目)。「働き続けることは人間の尊厳を守ることでもある」と語る。  東京・御茶ノ水のビルの一室で毎月開かれているがん経験者の就労相談会「じょぶ」。1月18日の夜、会社員、介護士、フリーライターら職種も様々な男女11人が輪になって悩みを語り合った。社会保険労務士や産業カウンセラーが専門的なアドバイスもする。助言者もがん経験者だ。 …

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事