文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

コラム

3メートルの巨大な胃袋!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 中島です。医療ルネサンス・病理診断の取材で、昨年末、川崎医大(岡山県倉敷市)に行きました。取材が一段落したところで、取材相手の森谷卓也さんから、「せっかくなので、うちの博物館をみて下さい」と誘ってもらいました。

 病院内に博物館??

 そう、川崎医大には敷地内に「現代医学教育博物館」があるのです。確かに、森谷さんの名刺には、病理学教室の教授と並び、「現代医学教育博物館副館長」とありました。

 博物館は5階建て。まずは、2階コーナーを見学しました。

 「妊娠」 「糖尿病」 「消化器」とテーマごとに、様々な臓器の模型やパネルがずらっと並んでいました。

 最も大きな模型は高さ3メートル、幅5メートルの胃の断面図。潰瘍(かいよう)やがんといった病変が大迫力で見られます。それぞれの模型には、体感して納得できたり、楽しみながら学べたりできる工夫がされていました。

 

 たとえば、動脈硬化を起こした血管と健康な血管の模型では、実際にさわって硬さを比べて確かめることができます。また、大腸の模型のすぐ下には、5本のトイレットペーパーホルダーがありました。それぞれを引っ張り出すと、虫垂炎や潰瘍性大腸炎といった病気の解説と写真が出てくるユニークな仕組みになっていました=写真=。

 このフロアは、無料で一般公開されています。患者さんが自分の病状を理解するのに役立つのはもちろん、健康な人も、体の仕組みを学べますので、一見の価値はあると思います。小学生向けのコーナーもありましたので、自由研究にも活用できそうです。

 ちなみに、3階、4階には「肉眼標本」(手術などで摘出した臓器の標本)などが展示されています。医療関係者のみ見学できるコーナーです。全国から医師や学生が訪れるそうで、取材した日も大型バスが何台か止まっていました。海外からの見学者もいるそうです。

 駆け足での見学でしたが、十分満喫できました。

 現代医学教育博物館は、1981年、創立10周年記念に設立され、これまでの入場者はのべ約51万人にのぼるそうです。

 最近では昨年12月に九州大学医学部に「人体・病理ミュージアム」(現在、一般公開は期間を限定して行われているそうです)、今年1月に東大医学部に「健康と医学の博物館」が開館しました。ちょっとした医学博物館ブームの到来かもしれませんね。

 森谷さんによると、今年で30年目を迎える「元祖」の川崎医大現代医学教育博物館では、常に展示物の更新を行っているとのこと。次回は、じっくり見学したいと思っています。森谷さん、詳しいご案内ありがとうございました。

 ※ 川崎医科大学現代医学教育博物館(http://www.kawasaki-m.ac.jp/mm/

 
 

 

中島久美子 2003年から医療情報部。乳がんや更年期など女性医療を中心に取材してきた。2歳児の育児に奮戦中。鉄道ファン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事