文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

続・トラブルと対話(4)橋渡しの 「あり方」 模索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 医療事故などの問題が起きた時、患者や家族と医師らの対話を促し、対立を改善しようとの取り組みは、2000年代半ば以降、注目されるようになった。対話を橋渡しする担当者を置く病院も増えている。厚生労働省によると、大学や国立病院機構の病院では半数以上が配置。自治体病院や民間病院にも広がる。  養成活動も盛んに行われ、例えば、法律家や医師らでつくる日本医療メディエーター協会は大規模な研修を実施。10年度は…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事