文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

続・トラブルと対話(1)患者側と病院 「第一の扉」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  院内相談員の北田さんと話す宮本さん(右)。治療を巡るトラブルと対話を経て、母親は今でも定期的に通院している(阪南中央病院で)  阪南中央病院(大阪府松原市)の正面玄関を入ってすぐ、「とまり木」と名札のついた小部屋がある。患者が自由に足を運び、おしゃべりできる場所。訪れると、院内相談員の北田淳子さん(48)が笑顔で迎えてくれる。  北田さんは、患者や家族が治療について感じた疑問や苦情はもちろん、…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事