文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

薬と健康 なるほどヒストリー【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

江戸時代にも健康ブーム ~ 錦絵にみる人体観 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
内景之図 五臓六腑を表した図 岡本一抱画
 
錦絵 飲食養生鑑 国貞画

 人が「健康でありたい」と願い、「自分の体の中はどうなっているのか」と、そんな疑問を抱くのは今も昔も変わりません。

 日本では中国医学の影響により、体のしくみは『五臓六腑説』で考えられてきました。五臓六腑説とは人の体を心・肝・脾・肺・腎の五個の臓器と、胆・胃・小腸・大腸・膀胱・三焦という六つの管状の臓器、および、そこに生命の源である「気」や「血」を送る十二経絡からなるという概念でした。

 人は生まれた瞬間に“気”を与えられると考えられ、それを“元気”と呼び、この考え方によれば、体の機能をバランスよく保つことが健康であると考えられてきました。一方“気”を病むことから“病気”といわれました。 そして病気の場合は、食べ物や薬で回復に努めたのです。人々は普段から健康を維持するために日常生活における養生を心がけていました。 

 このように、普段から病気にかからないよう用心し、体を大切にすることを「養生」といいます。昔から養生の仕方にはいろいろあり、平安時代に書かれたわが国最初の医学書では、主に暴飲暴食と過度な房事をいましめています。江戸時代の後期には養生を尊ぶことが盛んになりました。具体的には食事を節制して、適時、適度な運動を行い、日常の起居や動静を規則正しく行い、季節との関わりに気を配るといったことでした。自らの欲望のほしいままに生きるのではなく、自制して安心できるように慎重に生活することでした。

 この時代には、体の構造や働き、生命についての素朴な疑問に答える錦絵が制作されました。中でも「飲食養生鑑」では中国の五臓六腑説を「人間の貴人高位というも、下賎の身も、また賢も愚なるも、はらの中にそなえたる臓腑此ごとし」として解説し、男性の体を解剖図のように示しています。そして、それぞれの器官の働きを人間にたとえながら、無理をすると健康を損なうということがわかりやすく書かれています。

 胃は「毎日の食い飲みから無駄食いまでよく慎み、大食、大酒、むら食いをせず… を心がけざれば、身を苦しめ、命を縮めるの憂いあり」と書かれています。肺は「団扇(うちわ)の骨も折れるが、又からだの骨も折れるようだ。ちっと休もうじゃないか」とぼやいたり、肝道は「勘当(肝道とかける)といってもおいらは親孝行だぜ」といっています。ユーモアのある内容に思わず笑いを誘われます。こういった錦絵は江戸時代の人々の人体観をよくあらわしているといえるでしょう。(内藤記念くすり博物館 伊藤恭子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

薬と健康 なるほどヒストリー【有料会員限定】の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

JIN-仁-

チョコマリン

江戸時代の医療のお話を見聞きすると、どうしてもこの物語を思い浮かべます。 今も昔も変わらぬ、仁の精神を持って、個々の患者の健康と質の向上の手助け...

江戸時代の医療のお話を見聞きすると、どうしてもこの物語を思い浮かべます。


今も昔も変わらぬ、仁の精神を持って、個々の患者の健康と質の向上の手助けを。


これからも続いて欲しい医学です。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事