文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

やってみた禁煙

連載・健康プラス【有料会員限定】

(2)たった1本で逆戻り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 禁煙で最も苦しいのは開始直後の数日間と言われる。記者の場合、時折、強い喫煙欲求がわき起こるものの、禁煙補助薬を使ったせいか、比較的楽に乗り切った。

 気を良くして、さらに励むこと2週間。気がつくと肌つやが良くなり、歯も白くなってきた。食べ物を以前よりおいしく感じるようになり、他人のたばこの煙が嫌になりさえした。

 だが3週間後、とある酒席で見事に落とし穴にはまった。「1本だけなら大丈夫」と油断して、喫煙者からたばこをもらったのがきっかけだ。翌日から「もう1本」が始まり、たちまち元のもくあみと化した。

 「たった1本でも、いったん閉じた脳の『喫煙回路』が開いてしまう」と、高橋裕子・奈良女子大教授は話す。7年間禁煙していた人が再喫煙した例もあるというから怖い。この油断を、高橋さんは「ニコチンの反撃」と呼び「今、その1本を吸わないことが大切」と戒める。

 昨年10月1日のたばこの値上げを機に製薬会社ノバルティスファーマが実施したアンケート調査では、禁煙に挑戦した人のうち、4人に1人が結果的に喫煙を再開している。継続は難しい。

 「吸ってしまったことは仕方がない。マラソンの途中で転んだと思って再チャレンジを」と、高橋さん。禁煙に戻る意志だけは、強く持ち続けたい。(原田信彦)

◇ブログ・高橋裕子<こちら禁煙外来>はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラス【有料会員限定】の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

やってみた禁煙

最新記事