文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

若い頃に比べ身長が低くなった

 若い頃に比べて身長が3~4センチ低くなりました。最近また少し低くなったような気がします。受診した方がよいでしょうか。(70歳女性)

骨粗しょう症注意 一度は検査

森 聖二郎 東京都健康長寿医療センター臨床研究推進センター部長(老年医学)(東京都板橋区)

 70歳の女性が若い頃に比べて身長が数センチ縮むのは、必ずしも異常ではありません。加齢とともに誰しも多少は猫背になり、また背骨の中にある軟骨(椎間板)が薄くなるため、ある程度低くなるのが普通です。

 ただし、このくらいの年齢の女性は骨粗しょう症である場合が多く、それが原因で背が低くなることもあるので、注意が必要です。骨粗しょう症は、骨を形作るカルシウムやたんぱく質が減って骨がスカスカになる病気です。そうなると、背骨が上下に押しつぶされる「圧迫骨折」を起こしやすく、結果として背が低くなることがあるのです。

 骨粗しょう症の人は、通常では骨折しない程度の日常動作でも骨折する恐れがあります。重症になると、ちょっと重い荷物を持ち上げたり、軽く尻もちをついたり、といった程度でも背骨が折れてしまうことがあります。うっかり転倒して大腿(だいたい)骨が折れてしまうと、寝たきりになってしまうこともあります。

 骨粗しょう症治療の目的は骨折予防ですので、骨折する前に治療を開始することが大切です。最近では、骨折の危険性を半分程度にまで減らすことのできる効果の高い薬剤もあります。

 特に更年期(45~55歳)以降の女性で若い頃からやせ気味の人、最近身長が急に低くなった気がする人などは、骨粗しょう症の疑いがあります。症状はなくても一度は専門医のいる病院などで、骨に含まれるカルシウムなどの量を示す「骨密度」の検査を受けることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。