文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

すてきライフ

yomiDr.記事アーカイブ

留学勧めてくれた母

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 古希を迎えた母は、私の大きな道標です。女性が外で働くことが一般的ではなかった時代にアナウンサーになり、結婚退社後は単身アメリカ留学し、その後は英語教師に。現在も英語学校を経営し、精力的に指導を続けています。

 私が子どものころ、一緒にいる時間が少ないからと甘やかすことをせず、常に「この子にとって何が必要か」を考えてくれました。勉強しろと言われたことはなく、塾にも「行かなくていい」と言われましたが、好きな語学を伸ばすための留学は勧めてくれました。その経験が、今の私を形作っていると思います。

 私は、子育て真っ最中。日々変化する子どもたちを見るのは大きな喜びですが、やはり大変。子どもを産んでから、苦労して育ててくれた両親に、何かお返しをしたいという気持ちが強くなりました。

 実は、母は私がアナウンサーになることには大反対。日本で教育を受けた期間が短いため、日本語を基本とする職業に就かせることには不安があったようです。いまだに「いつまで続けるの?」と聞くことも。子どもが幾つになっても、親は心配なんでしょうね。(聞き手・針原陽子、写真・工藤奈穂)

■■■

 久保純子(くぼ・じゅんこ)さん フリーアナウンサー。1972年生まれ。フジテレビ系「ウチくる!?」などに出演中。ユネスコ世界寺子屋運動広報特使も務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

すてきライフの一覧を見る

最新記事