文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](10)当人の本質 失われない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 団地に、80歳代の認知症の母親と、60歳代の娘が2人で暮らしていました。

 ある日、母親が便を漏らしました。我々が自宅に伺った時、母親は両手を縛られていました。ベッドに座り、「一体、私、何か悪いことをしたの?」と縛られた手を上下に振りながら泣いています。別室にいた娘さんは「私、うんちの臭い、大っ嫌いなの。もう耐えきれない」と泣いています。心に痛みが走る光景です。

 娘さんによると、母親は、元学校の教師。とても厳しい人だったそうで、今の姿との落差に戸惑いも隠せない様子でした。私はこの状態は危険だと感じ、母親に短期入所してもらいました。

 数日後、晴れた日のことです。施設の女性に連れられて、母親が散歩をしていました。その施設を訪れた娘さんは、幸せそうな母親の姿をしばらくじっと見つめていました。少し離れて暮らしたことで落ち着き、冷静な目で母親の姿を見た時、そこに母親本来の姿を見つけたのでしょう。そして「ずっと一緒に暮らそう」と心の中で決意できたのでしょう。

 「お母さん、ごめんね、本当にごめんね」。娘さんは駆け寄って大泣きしながら繰り返しました。

 退所後、娘さんの顔から険しい表情が消えました。それから数年がたち、娘さんから電話がありました。「私が添い寝をしながら今朝、母は亡くなりました。ありがとうございました」

 誰かが認知症になると、家族は大きな心労を背負うことがあります。しかし、家族のまぶたの裏には、ご本人の生き生きとした頃の姿が刻まれています。認知症になったとしても、その人の本質が失われるものではないと思います。それを忘れずに、ご本人とご家族が、日常生活で上手に折り合っていければと思います。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事