文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

足の臭い対策

連載・健康プラス【有料会員限定】

(1)酢の足湯で雑菌抑制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 足の裏は、季節を問わず1日コップ1杯程度の汗をかく。ブーツなどの蒸れやすい靴をはく機会が増える冬場は、足の臭い対策がより大切になる。

 なぜ足の裏にたくさんの汗をかくのか。体臭治療を専門とする五味クリニック(東京都新宿区)院長の五味常明さんは「手のひらと足の裏に汗腺が集中しているためで、人間が進化する前、4本足で歩いていた頃の名残。敵の動物から逃げるため、緊張すると手足に汗をかき、滑らずに木につかまるなどの行動が取りやすくなっている」と語る。

 汗を多くかくと、足裏の角質が柔らかくなってはがれる。すると、これを栄養とする雑菌が繁殖し、皮脂腺から出る分泌物と混ざって臭いが発生する。

 ケアの基本として五味さんが勧めるのが、帰宅時や朝に行う足湯。40度以上のお湯に10~15分つけるだけだが、バケツ7分目ほどのお湯に、コップ1杯の醸造酢(安価なもので可)を入れるのがポイント。酢に含まれるクエン酸に雑菌の活動を抑える働きがある。

 また、炭焼きの煙を冷やして作る木酢液にも強い殺菌効果があり、醸造酢と同様の使い方ができる。

 耳かき1杯ほどのクエン酸の粉末を、少量の水(50ミリ・リットル)に溶かし、手で軽くたたくようにして足につける方法もある。これなら外出先でも行えそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラス【有料会員限定】の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

足の臭い対策

最新記事