文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

重い費用負担(2)「高額療養費制度」 盲点も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  「関節リウマチ治療薬の負担は重く、家族に申し訳ない」と話す渡部規子さん(千葉市内で)  患者の自己負担が大きくなりすぎないよう、保険治療では、月当たりの患者負担額に上限を設けている。「高額療養費制度」で、70歳未満の一般所得者の場合、限度額は月約8万円(過去1年間で4回目の適用からは月4万4400円)に抑えられている。  だが、この制度にも問題点がある。  2002年に関節リウマチと診断された…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事