文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

子ども臓器提供、CTで虐待判別… 病院に助言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 15歳未満の子どもからの脳死臓器提供を国内で定着させるため、放射線科医らでつくる一般財団法人「Ai(死亡時画像診断)情報センター」(東京)は、病院から照会された子どもの虐待の有無について、CT(コンピューター断層撮影法)などの画像を診断して、判定を助言する支援事業を今年から始める。  昨年7月に全面施行された改正臓器移植法によって、15歳未満からの脳死臓器提供ができるようになったが、同法は虐待を…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事