文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

がん共生時代 私の物語(1) 俳優 ・ 菅原文太さん (上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
がん治療の後、菅原さんは農園を開いた。有機無農薬に取り組む(山梨県北杜市で)=栗原怜里撮影

膀胱温存願い第二の意見

 「ほら、きれいだろう。うまそうだ」

 サラダ用の若葉を摘み、無造作に口に入れた。昨年11月下旬の穏やかな1日。手に取った鮮やかな緑を眺める目元が優しく緩む。

 「仁義なき戦い」「トラック野郎」などの映画で主演を務め、数々の賞に輝いた俳優の菅原文太さん(77)。現在、山梨県北西部の北杜市に2009年10月に作った農園と、東京の自宅を行き来する生活を送っている。

 南に富士山、北に八ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳を望む絶景の地に、農園はある。

 「空気がきれいで、水がきれいなところで労働をしたら、たいがいの病気は治るよ。そう思わないか」

 そう話す菅原さんは、07年に人生初めての大病を患った。膀胱がんだった。

 最初の自覚症状は、新幹線のトイレで、小便の途中で便器に落ちた血の固まり。すぐに友人の泌尿器科医に診てもらった。尿道からカメラが付いた管を入れ、膀胱内を見る内視鏡検査を受けたところ、粘膜の一部が赤くただれていた。良くない兆候だった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事