文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

有料会員限定 不眠・過眠のお悩み

イベント・フォーラム

質問コーナー(3) 徹夜明けは昼寝した方がよい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 :仕事で徹夜をした時に、自然にリズムを取り戻すために一番効果的な方法は何ですか。昼間寝てしまってもいいのか、それとも夜まで我慢した方がいいのでしょうか。

 :できるだけ昼間は寝ないほうがいいでしょう。眠気覚ましのガムとか、昼間にちょっとコーヒーを飲んでカフェイン系を取るとか、ちょっと外を散歩するとか。就寝時間は、メラトニンのことを考えると夜12時を過ぎると好ましくないです。

 ただ、僕がよく患者さんに言うのは、「サザエさんのような生活はできないよね」っていうことです。サザエさんの家では、夕方6時に家族そろってご飯食べて、たぶんサザエさんが終わる時間ぐらいにはみんな寝てしまうんでしょうね。今の子供たちも夜型になっています。統計はありませんが、成長の度合いにも影響があるでしょう。メガネかけた子も多くなっています。

 でも寝ている子の方が勉強はできます。私は大学の医学部の学生に「試験の時は12時前に寝なさい」と言います。そうしないと記憶が保持されずに、覚えたことがどんどん消えてしまう。例えば、徹夜で勉強しても、夜8時、9時にやったことをどんどん忘れてしまいます。記憶は寝ている間に保持されます。だから徹夜で教科書1冊やってボヤーっとした状態で試験受ける学生さんと、もうあきらめて寝ちゃって半分しかやってない学生さんとで点数は変わらないのです。

 :ある程度の酒は睡眠にはいいという事を聞きますが、酒を飲む量が足りないと午前3時、4時に中途覚醒のように起きてしまいます。起きた直後は、かなり熟睡していたせいか、そんな眠くなくて本を読んだりラジオを聴いたりしていますが、やっぱり日中10時くらいになると眠くなります。それを防止するためにアルコールを増やすというのは、よくない考えでしょうか?

 :よくない考えかなと思っているからアルコール依存にならないのだと思います。確かにお酒は少量、緊張を解く意味で飲むと寝やすくなりますね。人によって強さも違う。嗜好品ですから夕飯のときに飲んでリラックスできる量ならいいです。

 ただ、寝るためにお酒を使う場合、お酒による睡眠は一見深いようですが、一瞬深く入る睡眠の後は、すごく質の悪い睡眠がだらだらと続きます。だから、それを抑えようとお酒の量を増やせばいいという問題ではありません。そうすると体を壊し、アルコール依存になります。そこまでするなら、薬をうまく利用してやっていくほうが安全です。

 :夫はお酒を飲みながらご飯を食べて、そのままソファで口をあけて寝ます。「布団で横になったら」と毎晩言うのですが、「いや、これがいいんだ」と言い張ります。そのまま夜12時近くまで寝ているらしいのです。それから布団に入って朝4時くらいになったら「眠れない」って起き出します。

 :夕食でお酒を飲み、仮眠をとる。これは不眠につながります。そういう方は、テレビをつけながら横になると、ガタって寝てしまいます。すると夜の睡眠にすごく響きますので、やさしくご指導してください。

 ただ、全体として日常生活、健康面で特に問題がなければいいのです。たとえば夜勤で働いている人は、夜眠りたくても眠れない。朝眠るしかないわけです。だから、その生活の中で、どこかにひずみが出ているかどうかが問題です。(おわり)

講師 河村哲・風メンタルクリニック池袋院長
順天堂大学医学部卒業、同大学院修了。医学博士・精神科医専門医・精神保健指定医。カナダ・ブリティッシュコロンビア大学留学後、順天堂大医学部精神医学教室講師、外来医長、病棟医長・医局長等を経て現職。企業における心の健康、老年期認知症疾患、更年期の精神疾患、睡眠障害など精神医療全般にわたって活動している。風メンタルクリニック池袋のホームページはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

有料会員限定 不眠・過眠のお悩み

最新記事