文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

有料会員限定 不眠・過眠のお悩み

イベント・フォーラム

質問コーナー(2) ベッドでパソコンは厳禁か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 Q:眠る直前にはPCや携帯の画面を見ないほうがよいと聞きますが?

 A:今の時代、パソコンや携帯の使用を避けることはできません。ただ入眠をよくするのは、寝るその瞬間ではありません。寝る準備としては、寝る前の2時間、最低でも1時間前にリラックスしているかどうかが大切です。そういう意味で寝る直前にうんぬんというのではなく、どんな風にして自分を休ませて、いい睡眠のタイミングをとるかということでしょう。

 Q:例えばパソコンでヨミドクターを読んでいても、自分自身がリラックスできるような読み方であれば大丈夫ということですか?

 A:大丈夫だと思います。もし寝る1時間前にヨミドクターを読みたい人がいれれば、何か穏やかなバックミュージック、いわゆる癒し系のさざ波の音とかそんなものを流していただければいんじゃないでしょうか。

 波っていいましたけど、みなさん海とか山とか行きますよね。そうするとなぜかよく眠れる時がありますよね。これは、風の音とか森のささやきは、人工音じゃなくて自然の音で心地がいいからです。海の風や波の音とかは、母体の中で感じる波動と一緒なんです。私たちが胎児でお母さんのお腹の中にいたときのリズムと一緒だから眠りやすいんです。

 Q:寝る前にいつも夕刊を読んでから寝ますが、あまりよくないのですか? 読むと決めているところがあります。

 A:それはかまわないと思います。メールでもヨミドクターでもそうなのですが、自分が好きなことを寝る前に儀式的にやる。新聞だけじゃなく、戸締りが不安な人は戸締りを確認してから寝ないと、寝ているときに心配で起きてしまいます。みんな寝る前にそれぞれの儀式はあるはずです。それは制限しなくていいと思います。

講師 河村哲・風メンタルクリニック池袋院長
順天堂大学医学部卒業、同大学院修了。医学博士・精神科医専門医・精神保健指定医。カナダ・ブリティッシュコロンビア大学留学後、順天堂大医学部精神医学教室講師、外来医長、病棟医長・医局長等を経て現職。企業における心の健康、老年期認知症疾患、更年期の精神疾患、睡眠障害など精神医療全般にわたって活動している。風メンタルクリニック池袋のホームページはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

有料会員限定 不眠・過眠のお悩み

最新記事