文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

腰割りのススメ

連載・健康プラス

(3)体重減り、敏しょう性向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 腰割りの効果は、実験でも確認されている。筑波大教授(スポーツ医学)の白木仁さんは昨年、腰割り初心者の30~40歳代の男女8人に、原則1日1セット(10回)を3か月間続けてもらう実験をした。

 その結果、平均で体脂肪が0・9%、体重は1・1キロ減り、敏しょう性の指標となる反復横跳びの回数は30秒あたり平均5・6回増えていた。

 実験に協力した8人は、「冷え症や腰痛が改善された」「階段の上り下りが楽になった」などの感想を寄せた。白木さんは「普段運動をしていない人ということもあるが効果がはっきり表れた」と話す。

 メジャーリーグで活躍するイチロー選手は、腰割りに「肩入れ」の動作を加えている姿でおなじみだ。腰割りの姿勢から、左右の肩をゆっくりと交互に前に突き出す。両肩を2~3回ずつ続ければ、肩甲骨の周りの筋肉のストレッチになる。デスクワークで固まりがちな筋肉をほぐすことができる。

 元力士・一ノ矢の松田哲博さん(49)は引退直後、現役時代に付き合ってきた座骨神経痛がぶり返したが、腰割りを始めると、痛みは和らいだ。今では、四股(しこ)も交えて、朝と夜に10回ずつ腰割りを続け、外出時で信号待ちの時にも腰割りをすることも。「誰でも手軽にできて、長続きする運動です。()関節の筋肉に効いている心地よい感覚を体験してもらいたい」と語る。(野村昌玄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラスの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

腰割りのススメ

最新記事