文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

腰割りのススメ

連載・健康プラス

(1)シコ踏む姿勢で筋トレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 相撲で四股(しこ)を踏む際の基本姿勢となる「腰割り」の効果に注目が集まっている。

 太ももの表側の大腿(だいたい)四頭筋を中心に刺激するスクワットに似ているが、腰割りではこの筋肉に加えて、大臀筋(だいでんきん)や内転筋など、()関節の周りにあるお尻や太ももの筋肉をまんべんなく刺激するのが特徴だ。

 腰割りの動作は単純だ。まず肩幅より広く、自分の開きやすい足幅を決めて立ち、背筋を伸ばしてそのまま腰を下ろす。自分が下ろせる位置まで腰を落としていくが、この時、ひざが内側に入らず、ひざと爪先の向きがそろっていることが重要だ。こうした上げ下ろしを繰り返すだけだ。

 腰割りのトレーニングの著書もある元力士・一ノ矢の松田哲博さん(49)は、昭和以降では最高齢となる46歳まで現役だったが、「相撲を24年間続けられたのも、腰割りに支えられたからです」と強調する。

 引退後まもない3年前、松田さんは腰痛に悩む妻に腰割りを勧めた。1セット5回を1日2~3セット続けるうちに、3日ほどで腰痛がなくなり、30分も持たなかったウオーキングも、ほとんど苦にならなくなったという。

 深く腰を下ろすのがつらい場合について、松田さんは「最初は無理をしない範囲で、浅く1~2センチでも十分です」とアドバイスする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラスの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

腰割りのススメ

最新記事