文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

漢方・針きゅう・がん治療のつらさ 和らぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  手のしびれが軽くなったおかげで手芸を楽しめるようになった小田住さん(右)。布で作った花を鈴木さん(左)に見せた(国立がん研究センター中央病院で)  太陽が照りつける焼けた砂浜を素足で歩くような、しびれや痛み。東京都江戸川区の小田住昭子さん(65)は、乳がんの抗がん剤治療を終えた後も、副作用に悩まされ続けた。  2008年3月、国立がん研究センター中央病院(東京・築地)で、右乳房の一部を切除。手…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事