文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

日野原重明の100歳からの人生

介護・シニア

プロフィル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 聖路加国際病院理事長。1911年10月4日生まれ。山口県出身。42年、京都帝国大学大学院卒業。

 ターミナル・ケア(末期医療・介護)の充実、「患者参加の医療」を提唱する一方で、医師・看護師の育成、予防医学や健康教育の普及など、現代医療の改善に向けて尽力を続ける。「成人病」にかわる「生活習慣病」という新語の提案者でもある。

 54年には、民間病院として初めて聖路加国際病院に人間ドックを開設し、全国への普及を進めた。94年、日本で初めての独立型ホスピスを開設。2000年、75歳以上の元気な老人のために「新老人運動」を提唱し、高齢化社会にあって注目を集める。その一方で、ベストセラー絵本「葉っぱのフレディ」を音楽劇にするなどの活動も行う。05年に、文化勲章を受章。07年からは、日本ユニセフ協会大使も務める。

 趣味は音楽、読書。座右銘は「平静の心」。

 著書は、「生活習慣病がわかる本」(ごま書房)「〈ケア〉の新しい考えと展開」(春秋社)「『フレディ』から学んだこと」(童話屋)「生きかた上手」(ユーリーグ)など、多数。

 ■ 勤務先の聖路加国際病院のホームページはこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日野原重明ブログ_顔120_120

日野原重明(ひのはら・しげあき)

誕生日:
1911年10月4日
聖路加国際病院名誉院長
詳しいプロフィルはこちら

日野原さんが監修する「健康ダイヤルweb」はこちら

日野原重明の100歳からの人生の一覧を見る

最新記事