文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](7)体の不調、チームで見抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 口の中に傷があると、痛みや不快感にイライラさせられ、何とか原因を突き止めて、状況を改善しようとするでしょう。でも、認知症になると、体の不調をうまく調整できず、不調を感じる原因についてもうまく説明できないことがあります。

 認知症の人は、イライラした気分を訴えるのに、大きな声を出すかもしれません。もしもご家族が、口の中に傷があることに気付かなかったら、ただただ、途方にくれてしまうでしょう。

 私は、診療を通してこういう方々をたくさん診てきました。不快感や苦痛の原因は様々で、便秘、下痢、かゆみ、風邪、薬の副作用、足の化膿(かのう)、がんによるだるさ、転倒時の頭の中での出血など。不快に感じる原因として、体の不調がいかに多いかについて、改めて実感させられました。

 ご家族などと接して思うのは、体のことは、みな医者任せではいけない、ということです。ケアの専門職だけに頼っていても駄目でしょう。ご本人の体の状態に対して、ご家族、ケアの専門職、薬剤師、看護師、医師など各方面からの目が注がれることで、ご本人の不調や病気という伏兵を見抜くチャンスが得られるのです。

 「チームでケアをする」という意識がみんなにあり、その一員でもあるご家族が他のメンバーに気軽に相談できるようになれば、本当に心強いことだと思います。「おやっ」と思った時はぜひ、躊躇(ちゅうちょ)せずに周囲の専門職に相談してみてください。きっと一緒に考えてもらえると思います。

 一緒に考える機会を与えられることで、チームが機能します。大勢の知恵を得ることが、よりよい未来を切り開く大切な一歩となるのです。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事