文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

抗がん剤 欧米と承認格差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  頭頸部がんで抗がん剤治療を受けるAさんと病気について話し合う畠清彦さん(東京の癌研有明病院で)  日本製薬工業協会の2007年調査によると、他国で承認された薬が自国でも使えるようになるまでにかかる平均期間は、米国が1・2年、イギリスが1・3年に比べ、日本は3倍以上も長い4・7年だった。  一日、一か月でも大切ながん患者にとって長すぎる。千葉県の男性Aさん(61)も、不安な日々を過ごす一人だ。 …

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事