文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

高齢者の性・ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

カリスマAV男優、若者に性教育語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ここまで一気に寒くならなくてもいいのに、というぐらい急に涼しくなりましたね。季節の変わり目、皆様風邪などひかれませぬよう体調管理に気を付けてください。

 本日はまた高齢者の性から少し離れて、若者の性の話です。ギリギリのお知らせで申し訳ないですが、今晩(24日)破天荒な性教育のイベントがあるのです。

 先日参加したとお知らせした「全国性教育研究大会」で、面白い医師に出会ったのがこのイベントを知ったきっかけでした。産婦人科医の赤枝恒雄先生(66)です。六本木に診療所を構える赤枝先生は、若い女性が、性感染症や人工妊娠中絶のために次々と駆け込んでくるのに接して、「診療所を訪れるまで待っていては遅い。自分から街に出て予防や検査を呼びかけなくては」と決心しました。そして、1999年から、六本木の若者の集まる飲食店に白衣を脱いで乗り込み、若者向けの健康相談や無料のHIV検診などを続けてきました。

 その先生が、7月から六本木のクラブで新たに始めたのが「ストップエイズ 突撃ナイト」というイベントです。店内に用意されたスクリーンに次々と映し出されるのは、何と!性器ヘルペスやクラミジア、梅毒などの性感染症に冒された男女の性器の写真163枚。その前で、ボランティアで参加しているカリスマAV男優の加藤鷹さん(48)らが、性感染症についてのクイズを客に出題し、若者に性感染症についての知識を深めてもらおうというのです。「医者が話すより、加藤さんが話すほうが、若者は断然耳を傾けてくれる」と赤枝先生は言います。

六本木のクラブでイベント開催

 毎月第4金曜日に行われるこのイベント、私も8月に潜入してきました。大音量の音楽がかかるクラブで、真っ赤に腫れた男性器や、無数の突起物ができてただれた女性器が大きく映し出されると、「うげえー気持ちわりー」「ゲー」という声が、あちこちからあがります。その様子を見ながら赤枝先生は「性病は怖いんだって恐れを持ってほしいんです。脅しているみたいだけど、そこまでしないと、本気で予防について考えてもらえない」と真剣な表情でした。

 
六本木のクラブで、赤枝先生(手前)と若者に語りかける加藤鷹さん。

 加藤さんが現れると、会場は拍手と歓声で大盛り上がり。クイズは「コンドームは2枚重ねした方が安全だ」「お風呂やプールでHIVは感染しない」など加藤さんが出す質問に、会場の若者が○×で答える勝ち抜き形式で、最後に勝ち残ったお客さんにはコンドームなどのプレゼントが加藤さんから渡されました。赤枝先生とよく一緒に性感染症予防の啓発イベントに参加している加藤さんは、こうした機会があるごとに、コンドームなしのセックスという設定のビデオでも出演俳優は皆コンドームを付けていること、俳優は定期的に検査を受けて性感染症予防に気を付けていることなど、AV撮影現場の裏話を話すと言います。AVの影響を受けやすい若者の思いこみを正すためです。

 このブログでもアダルトビデオの演技を真似して、目の前にいる女性を傷付けている男性の事例を何度か取りあげたことがありますが、インタビューに答えてくれた加藤さんは「そんなヤツはただのバカ」とバッサリ切り捨てつつ、「学校でも、日常生活の中でも何もセックスについて正しい知識を教えられていないから、大人の娯楽として作られているAVを真似する若者もいるのかもしれない」と語っていました。

 そのうえで、「ネット社会でセックスについて間違った情報もあふれているのに、いまだに雄しべだ雌しべだという戯言を教えている場合じゃない。性感染症というと若者が悪いという大人が多いが、臭いものにはフタをしろとセックスにまともに向き合ってこなかった大人の責任だ」と熱く語り、私はもっともだなと思ったのでした。

 イベントは、毎月第4金曜日の午後9時から翌日午前1時まで、「ガスパニックバー」(東京都港区六本木3・15・25、電話03・3405・0633)3階で開催しています。 ちなみに先日のプレゼントでも、加藤さんの著書を何冊か送りましたが、どれもセックスを真面目に考える内容で、このブログの読者にもお勧めです。「セックスという闇」(ベスト新書)などは、アダルトビデオの刺激を求めて読んだとしたら、拍子抜けするかもしれません。こちらもぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koureisyanosei_87.jpg

岩永直子

読売新聞 医療部記者

39歳、夫と二人暮らし

趣味は居酒屋巡りとダイエット

高齢者の性・ブログの一覧を見る

6件 のコメント

老人の性欲

ソクラテス

幾何歳になっても男性も女性は性欲はあります。性欲がなくなれば終末期の年齢です。男性は、女性を見て、美しい方は、美しいと素直に感じなければ肉体的に...

幾何歳になっても男性も女性は性欲はあります。性欲がなくなれば終末期の年齢です。男性は、女性を見て、美しい方は、美しいと素直に感じなければ肉体的にも精神的にも、人生の週末でしょう。


如何に高齢者になっても恋心が自然に湧いてこなければ、そんな男性も女性も、何らかの病気をしているか、精神的には何か病気を抱えていると、思います。人生の最後まで恋ができるような健康と精神力を持たねばいけません。老人といえども人生の終末まで恋ができるように、健康を維持しましょう。


そのためには、毎日、体操や散歩する。逢った人と会話をする。新聞を読む。毎日欠かさず読書する。外国語をラジオやTVで勉強する。パソコンを駆使して新鮮な情報を獲得し、政治や社会のニュースに関心を抱く。昔の彼女や彼氏に手紙を書く、など日々の生活に暇を作らない。これが高齢者の健康の秘訣です。実行してみてください。


1.健康2.食事は良く噛むんで腹6分目、3.何時も明るく、でいきましょう。

つづきを読む

違反報告

いいことです

熟女大好きオヤジ

久し振りにブログへ遊びに来ました。 しかし若者に赤裸々に楽しく性病予防と性教育を行っているとは大変に嬉しい事で良いことだと思います。 マスコミ等...

久し振りにブログへ遊びに来ました。


しかし若者に赤裸々に楽しく性病予防と性教育を行っているとは大変に嬉しい事で良いことだと思います。

マスコミ等では分からないが性教育不足が、性病を広めているのが現実にあるみたいです。

やはりちゃんとした本やビデオの普及が急がれます。


それといつも思うのは、国が率先してこの事に動く事を望みたいです。裏では異性との交際にご熱心な先生方も、こと性教育と外交には弱腰ですね。


先生方は、赤枝医師や加藤さんの行動をもっと見習って欲しいものです。

つづきを読む

違反報告

アダルトビデオは物語

埼玉のシニア

アダルトビデオを見て現実と違うことは、誰でも認識していると思います、が、同じことをしてみたいのが誰でも考えることだと思います。 一度あのシーンと...

アダルトビデオを見て現実と違うことは、誰でも認識していると思います、が、同じことをしてみたいのが誰でも考えることだと思います。


一度あのシーンと思い実行に移し、ままに成らずげんなりすることが必ずあります。実行してへどが出そうなこともあり、そして男はその違いを認識するのです。


さて、最近アダルトビデオで男優がコンドームをしていることが、たびたびです。少し興ざめの行為に成っていますが、エイズのことを考えればそれで納得することでしょう。


それはそれとして、見事な松竹 さんの元気さは凄いことです。年齢から言っても桁はずれですが、その青春を謳歌している謎を聞きたいもの。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事