文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

CT検診 うつしすぎる功罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  影全体が淡いすりガラス状陰影(破線部分)=佐川さん提供  金沢市の男性(63)の右肺に8ミリ程度の小さな“影”が見つかったのは3年前。人間ドックを受けたのがきっかけだった。  コンピューター断層撮影法(CT)による画像では、すりガラスのような淡い影が写っていた。主治医の佐川元保さん(金沢医大病院呼吸器外科教授)は「がんかもしれないし、がんでないかもしれません」。とりあえ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事