文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

37歳、イライラや気持ちの落ち込み・・・「若年性更年期」?

 37才の知人の女性のことです。動悸や、いらいらする、気持ちが落ち込む等の症状がみられます。「若年性更年期」という言葉も聞くので、心配です。婦人科で更年期かどうかを調べた方が良いでしょうか(52歳男性)

卵巣の働き低下なら更年期に似た症状も

水沼英樹 弘前大産婦人科教授(青森県弘前市)

 37歳という若さでも、卵巣機能の低下が起こっているなら、更年期女性に見られる症状が発生してもおかしくありません。

 実際のところ子宮内膜症や子宮筋腫を持つ若年女性に対して、卵巣機能を抑える治療を行うと、しばしば顔面の紅潮、発汗、うつなど更年期症状に似た副作用が見られています。

 従って、知人の女性が、卵巣機能の低下が始まっている場合には、更年期に似た症状が起こる可能性も否定はできませんが、月経周期がきちんと来ているならばその可能性は低いと思います。

 この年齢で「更年期」などと言われること自体、新たな心配材料となりますので婦人科での診察よりも、まずは心療内科などで相談する方が効果的と思います。

 ところで、最近メディアを中心に、「若年性更年期」という表現がよくされていますが、更年期とは閉経を挟む10年間の期間を示す用語なので、「若年性更年期」とはおかしい表現で、言うまでもなく医学辞書のどこを探しても存在しません。

 一般に、40歳未満で閉経になった場合には「早発閉経」と呼ばれます。骨粗しょう症や脂質代謝異常(高脂血症)などの病気が起こりやすくなるので、医師によるきちんとした健康管理が必要になります。

 早発閉経の多くが原因不明ですが、時に自己免疫疾患などが原因で発症する場合もありますので、早発閉経となった場合にはきちんと診察を受けてください。

 なお、早発閉経の年齢ですが、以前は43歳未満と定義されていましたが、国際基準に合わせるべきであるとの判断で数年前から40歳未満に変更になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。