文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](5)対応のヒント与える見立て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今回は、認知症に関する医療の見立ての基本について考えていきたいと思います。「中核症状」「周辺症状」という言葉の意味についてです。

 まず、中核症状とは何か。認知症に伴って脳の障害が起きますが、その障害が直接の原因だと想定されるような症状のことです。認知症の原因となっている疾患によって、中核症状の内容は異なります。

 最も多いとされるアルツハイマー型認知症では、中核症状に「記憶障害」が含まれます。次いで多いと言われるレビー小体型認知症は、幻を見たり、体の動きに障害があったりするのですが、この中核症状には「幻視」が含まれます。

 一方、周辺症状とは、この中核症状が原因で起きてくる症状のことです。例えば、アルツハイマー型認知症では、記憶障害がもとで生じる「物とられ妄想」などがあります。レビー小体型認知症では、覚醒(かくせい)の程度(意識のレベル)が日中でも変動するような「注意障害」を本体とする、見かけ上の「記憶障害」もあるかもしれません。従って、二次的な症状については、その解決に向けたかかわり方や、時には薬を使った介入方法などが考えられます。

 根っこの部分には脳の障害があると理解できれば、そこから生じる周辺症状の表れる理由も自然にわかることが多いのです。だから周辺症状を「理解すべき対象」であるという見方もできます。

 中核症状は、絶対治らないというわけではありません。確かにアルツハイマー型認知症の「記憶障害」は、現在は治らないのですが、レビー小体型認知症の「幻視」は、薬の調整によっては治る場合もあります。こういう見立ては、我々に何をすべきかのヒントを与えてくれます。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事