文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ダイエット体験談 優秀作

イベント・フォーラム

やせなきゃ手術受けられない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松村 孝 62歳 東京都

 私はデブです。だから糖尿病予備軍で、高血圧です。

 5年前に高血圧が突然発症しました。110~200の数値が毎日続いています。それ以来、あちこちの内科に通い診療を受けました。

 それでも下がらないと言うと、必ずと言って良いほど「減量してますか?」「血圧降下剤をちゃんとまじめに飲んでますか?」と問われます。

 何度も何度もダイエットを試みました。薬もまじめに飲んでます。でも薬が一切効かないんです。それでダイエットも挫折しました。

 今年の3月に、人からのうわさで、そういう症状専門の「内分泌科」と言うのがあると聞きました。早速それなりの紹介状を携えて初診です。その日のうちにいくつか検査をして、次回の診療の時にめでたく病名が付きました。

 「原発性アルドステレンショウ」といいます。これは腎臓の上の副腎が特別なホルモンを出して 血圧を上げてしまうというものです。だから「血圧降下剤」は一切効きません。

 副腎は二つあるので腫瘍の出来ている方を手術で取ってしまえば、翌日治りますといわれました。ところが、難しい問題が一つあり、両方の副腎に腫瘍があると、両方は切れないと言う事です。

 4月10日に検査入院し、様々な検査を2週間にわたって受けました。先生の話では、まあ右だけだろうと言うのです。よし、手術で直る、と喜んだのですが、その後 左もちょっと怪しいので6月24日に再入院してカテーテルを通してみたいとなりました。

 ここからが「ダイエット」の話なんですが、実際執刀する先生が、私の腹を見て「これじゃあ切りたくないなあ。もっと体重を減らしてよ。入院した時114キロだったよね。今どのくらい?」。 私「105キロです」。「じゃあ95キロにしてよ」。

 退院時105キロで、3週間たっても105キロです。どうしたら良いんでしょう。

 昨日からカロリーを全部記録して毎日1300キロカロリーに抑えようとしています。とにかく体重を減らさなければ手術も受けられないので、取り組みが必死になってきました。手術は10月に予定されているので、それまでに何とかしたいと思います。

 ヨミドクターで募集した「ダイエット体験談」の応募作品の中から、優秀作を紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

ダイエット体験談 優秀作

最新記事