文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](4)体調に左右されやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 暑い日が続きます。

 ある方が、スイッチの入っていないテレビを指さしながら、「ほら、たくさんの人々が映ってるよ」と不安交じりに大きな声で言い始めました。ところが、家族にはそんな人は見えません。ふだん私たちが定期的に訪問診療をしているお宅で起きたことです。そこで、心配した家族から私どものところに連絡が入りました。

 「散歩から帰ってきてから、唐突にとんちんかんなことを言いだしたんです」

 意識の明瞭(めいりょう)さが落ち、周りの人には理解されにくい言動をする「せん妄」という状態だと、私は思いました。その日はとても暑かったのです。

 細かく尋ねると、外が暑くて体温が上がり、体調も優れないということで、熱中症が疑われました。そこで、熱中症への対応を家族にしていただきました。しばらくすると本人の不機嫌は治まりました。同時に、テレビの中の大勢の人々もいなくなりました。

 今回の話では、認知症の症状は、体調にとても左右されやすいということをお伝えしたかったのです。仮に、いつも幻が見えている方でも、その幻の内容が急に変化したような時には、私はまず体調をお尋ねします。しばしば、風邪のひき始め、便秘、脱水といった状態が見受けられます。

 認知症になると、自身の体調管理や体温調節が苦手になり、それをうまく周囲に伝えることもできなくなりがちです。急に不機嫌になったり、つじつまの合わない話をし始めたりするなど認知症の症状で急な変化が起こった場合は、緊急を要する脳の異常の場合もありますが、体調の不具合であることも多いのです。これからの季節、熱中症や脱水にも十分、気をつけるようにしてください。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事