文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

花婿目指して60キロ減量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

テリー(男性) 39歳 川崎市

 32歳当時の僕は、身長165センチで体重が125キロもあり、何度もダイエットを試みながらリバウンドしていました。

 そんな僕でも好きになった女性がいて、思い切って告白したところ、返答は、「不健康な人は嫌だから、まずは15キロダイエットして110キロになったらね」。

 15キロものダイエットは難しいかなとも思いながら、彼女と付き合いたい一心でダイエットに励み、何とか110キロに。彼女は約束通り僕との交際を始めてくれました。

 交際を始め、一層彼女のことを好きになった僕は、さらに思い切ってプロポーズ。彼女の返事は、「さらに30キロダイエットして80キロになったらね」。

 確かに、15キロダイエットしたとはいえ、まだ超が付くデブ。彼女が言うことももっともではありますが、さすがに30キロは気が遠くなる数字。無理かなとも思いましたが、10キロぐらいずつ中間目標を立て、やれるところまでやってみようと、ダイエットを再スタートしました。

 僕のダイエット法は、「1日1食」、「豆乳」、「筋トレ」ダイエット。医学的に勧められる方法かどうかは分かりませんが、まともに食べるのは夕食だけで、朝と昼は豆乳のみ。お腹が空いたときは豆乳か、こんにゃくゼリーなどのカロリーゼロ食品だけ。そして毎朝腕立伏せ、腹筋、スクワットの筋トレを15分行いました。

 1日1食だったら、脂肪燃焼の常識から言って朝食か昼食にするべきですが、朝か昼からもう何も食べられないと思うと、気分が落ち込み、仕事にも身が入らないため、何とか夜まで頑張って、1日仕事とダイエットを頑張ったご褒美に夕食は好きなものを食べていました。

 このようなダイエットの結果、ほぼ1か月に3キロずつ体重が落ち、10か月で30キロやせてついに80キロに。ちょうどその頃、仕事上の大きな変化もあって、彼女の支えが欲しかった僕はあらためてプロポーズ。彼女は約束通り婚約してくれました。

 そこからはおまけですが、挙式まで時間があり、僕の写真を見た彼女の友人から「まだ太っている」と言われたこともあって、彼女からさらに10キロのダイエットを勧められ、挙式のときには70キロに。70キロで意気揚々受けた会社の健康診断で、過去を知らない先生から「太り過ぎ」との評価。ここまで来たら完全な健康体になろうとさらに5キロダイエットして65キロになりました。

 結局125キロあった超肥満体は、都合60キロのダイエットで65キロになり、健康体と、大切な妻を得ることができました。そこから4年が経過し、幸い体重も夫婦関係も良好に維持しています。

 テリーさんは「医療ルネサンス」でも取り上げられています。こちらをご覧ください。

 ヨミドクターで募集した「ダイエット体験談」の応募作品の中から、優秀作を紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お知らせ・イベントの一覧を見る

最新記事