文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](3)家族が変われば本人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 相手に「2+3は?」と聞かれて、私たちは「5」という正しい答えを伝えることができます。また、相手の表情を見て、「楽しいんだな」などと気持ちを察することができます。

 さらに、人生を時間軸でとらえることで、もっと深く洞察することもできます。その人のこれまでの生き方を知ることで、「この人は、実は家族のことを本当に大切に思っているんだ」などと実感することもできます。

 さて、認知症になったら、人と人とのこういったつながりはどうなってしまうのでしょうか。認知症は、認知機能の障害です。ですから、つじつまのあった答えを導き出すことは難しくなるでしょう。では、感情はどうか。「うれしい」「悲しい」「快」「不快」などの感情をうまく表せなくなるときがあります。家族の誰かが認知症になると、気持ちを察することが難しくなり、相手とのかかわりが苦しみにしか感じられなくなることがあります。

 この苦しみは深刻です。言葉で感情をうまく伝えられない認知症の人の「声なき声に耳を傾けて」と言っても、「そんなきれい事は言っていられない」とケアをする家族は感じがちです。

 ただ、私は診療という「小さな窓」を通じて、認知症の人を取り巻く家族の視点が変われば、不思議と認知症の人の言動も変わり、互いの関係性も変わってくる、という現場を幾度となく見てきました。家族のまぶたの裏には、認知症の人の元気な時の姿が刻まれています。ですが、現実の姿を受け止め、自分もやがて行く道だといった意識を持つことで、家族の視点が変わり、本人も変わってきます。認知症を介して、本人と家族との折り合いがつけば、すばらしいことだと思うのです。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事