文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

手の骨折後の変形を矯正、3Dで解析、正確に復元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 愛知県内の男性(43)は、11歳の時に右腕を骨折し、ギプスで固定する治療を受けたが、骨がゆがんでくっついてしまった。「もう治らない」と言われ、あきらめていたが、大阪大整形外科で3次元コンピューター画像を基にした腕の変形矯正手術を実施していることを知り、今年4月に手術を受けた。手術後は、腕の形がほぼ元通りになり、不自由だった腕の動きもスムーズになった。(館林牧子) 手術時間短縮 ひじ、手首にも  …

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事