文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

認知症進行 食べられなくても胃ろう使わず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  食べられなくなり食事の時間が減った分は、車いすで散歩する時間などを増やす(東京都八王子市の上川病院で)  東京都八王子市の上川病院に入院している女性(87)は、入院6年目になる今年5月、とうとう口から食べることができなくなった。  認知症患者が中心の同病院は、理事長の医師吉岡充さんを中心に、できるだけ口からの自然な栄養補給を行うことに取り組んでいる。この女性の場合も、入院時すでに認知症が進んで…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事