文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

洗濯こだわれば二槽式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

汚れ落ち確認も楽しく

「洗濯は楽しい家事なので、夫と取り合いになります」と赤星さん(千葉県八街市で)

 洗濯槽と脱水槽に分かれた二槽式洗濯機が根強い人気を保っている。海外メーカーの新製品が今春発売され、国内メーカーも製造を続けている。全自動洗濯機と比べ機能は単純だが、「分け洗いが簡単」「汚れ落ちが途中で確認できる」――などが、年配者や洗濯にこだわる家庭に支持されているようだ。

分けて洗う

 二槽式洗濯機は昭和40年代に普及が進んだ。洗い、脱水、すすぎ、脱水の手順で洗濯し、その度に衣類を移す作業が必要。

 埼玉県越谷市の主婦関戸京子さん(67)は、二槽式洗濯機を使い続けて45年になる。現在5台目という。「分け洗いも、節水しながら簡単にできます」

 まずシャツやタオルなどを洗い、脱水している間に同じ洗濯水で靴下やその他の下着を洗い、次に足ふきマットと、汚れが少ない順に洗濯水を使い回す。すすぎも同じ順序で行う。洗濯槽と脱水槽を同時に使うので時間も短縮できる。「衣類が真っ白になるのが見える気持ちよさは、二槽式ならでは」と関戸さん。

 現在、一般家庭では洗濯機のほとんどが全自動となったが、二槽式も5%ほど使われているとみられる。地方や年配者を中心に、人気は根強い。

 中国の家電メーカー、ハイアールは今年4月、日本国内向けに洗濯容量が12キロ・グラムの大型二槽式洗濯機を発売。郊外の家電量販店で好評という。「機能や操作がシンプルで年配の人も理解しやすい」と同社。汚れの落ち具合を確認しながら、洗う時間などの微調整もできる。全自動より手間はかかるが、洗い上がりの良さが支持されているという。

根強い人気

 三洋電機、東芝など国内の家電メーカーも、二槽式の製造を続けている。このうち日立は、7機種の二槽式をそろえる。「家族の人数が多い家庭や洗濯にこだわりを持っている家庭など、まだまだ二槽式の愛用者がいる」と担当者。

 基本的な機能はほとんど変わっていないが、洗濯容量を大きくした機種、プラスチック製だった脱水槽をステンレス製にし脱水機能を強化した機種、脱水時に風をあてる乾燥機能をつけた機種など、付加価値を向上させたものもある。

黒ずみ防止

 漫画家で、家事問題に詳しい赤星たみこさん(52)も二槽式の愛用者。自宅には全自動もあるが、5年前に二槽式を購入し、もっぱらこちらを使っている。

 「洗濯機に任せきりだと、十分に汚れが落ちていなくても洗濯が終わってしまうことがあり、衣類のにおいや黒ずみの原因になる場合もある。二槽式だと、洗濯についての意識が高まり、洗濯が楽しくなります」と赤星さん。

 赤星さんはさらに、全自動の二槽式的な使い方も提案している。洗った洗濯物を一度バケツに取り出し、同じ洗濯水で次の汚れ物を洗い、すすぎ、脱水も出し入れしながら行う――という方法。

 「試した人からは『汚れ落ちがよくなった』『洗濯物がにおわなくなった』といった声を聞きます。手間がかかりますが、試してみては」と話す。読売新聞のホームページ上の「新おとな総研」で連載している「赤星流 エゴロジストな暮らし」でも、二槽式的な使い方を紹介している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事