文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

「孤高のメス」(下) 移植医療の関心高めたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  川崎誠治教授  脳死肝移植をテーマとした映画「孤高のメス」(公開中)で、医療監修を担当した順天堂大病院(東京・文京区)肝胆膵外科教授の川崎誠治さんに移植医療の現状などを聞いた。  ――映画の監修で最も注意した点は何ですか  医療には、100%成功ということはありません。外科医は緊張を強いられつつ、冷静に手術をしています。そんな緊張感が観客に伝わってほしい、と思いました。血管縫合の仕方など、現実…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事