文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

「孤高のメス」(上) 脳死移植の緊迫感 映画で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 本人の意思が不明な場合、家族の同意があれば脳死下の臓器提供が可能になることなどを定めた改正臓器移植法が、7月17日施行される。公開中の映画「孤高のメス」で、脳死肝移植に挑む主役の外科医を演じた俳優の堤真一さん、看護師役の女優夏川結衣さんに話を聞いた。   映画「孤高のメス」の完成会見にのぞむ夏川結衣さん(左から3人目)、堤真一さん(同4人目)ら(東京・千代田区で)  ――映画の見所は  堤 撮影…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事