文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

肺炎球菌ワクチン…子ども用登場、髄膜炎防ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 子ども用の肺炎球菌ワクチンが今年2月に発売された。子どもの命にかかわる細菌性髄膜炎の予防になるだけでなく、肺炎や中耳炎などの予防効果も報告されている。(館林牧子) 中耳炎にも効果  細菌性髄膜炎は、年間推計で1000人近くが発症し、約5%が死亡、15~25%に発達障害、てんかん、難聴などの後遺症が残る。約6割はインフルエンザ菌b型(ヒブ)、約3割は肺炎球菌が原因とされる。肺炎球菌による髄膜炎の方…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事