文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

続・赤ちゃんを亡くして(2)情報を共有 母親見守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 「また死んでしまった」  2001年7月、横浜市の神奈川県立こども医療センター。市内に住む岩田由貴子さん(41)は、おなかの赤ちゃんの死を医師から告げられ、泣き崩れた。  その6年前、先天性の心疾患で生まれた長男を1歳になる前に亡くした。00年に生まれた長女は、生後2か月で髄膜炎にかかって障害が残り、同センターでリハビリを受けた。  「娘にきょうだいをつくってあげたい」。母の思いは打ち砕かれた。…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事