文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

続・赤ちゃんを亡くして(1)死産の子も大切に扱う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 神奈川県平塚市の女性(37)は、2003年7月、東京都葛飾区の葛飾赤十字産院で、34週の双子を出産した。1人は死産だった。  「孔輔」と名付けたその子の死がわかったのは2週間前。女性は通常行われる緊急帝王切開ではなく、自然分娩を希望した。医学的に問題はなく、当時の産科部長、竹内正人さん(現・東峯婦人クリニック産科医)も同意した。  分娩後、孔輔君はすぐに女性の胸元に連れてこられ、抱っこされた。死…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事